SD


角質のバリア機能は「セラミド」の量で決まる!

肌の一番上にある角層の中は、
実はセメントのような構造をしています。


角質細胞がレンガ、セラミドなどの細胞間脂質が
セメントに例えられるのですがセラミドなどの
細胞間脂質が角質細胞1つをつなぎ下の図のような
隙間のないバリア機能を作っているのです。




この細胞間脂質は、いろいろな脂質が混ざり
合ってできていますが、そのうちの60%は
スフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などで構成され残りの
40%はセラミドが占めています。




このセラミドが多いか少ないかで肌の”うるおい度”が
決まる
と言われています。




【正常なお肌】




セラミドはどこで作られてれているのか?

基底層で生まれた表皮細胞がターンオーバーして
角質細胞に変わる4週間かけて、セラミドは
細胞の外に放出され細胞の中で熟成し、合成されていきます。




そして角質細胞に変わる瞬間にセラミドは
肌の水分の約80%を維持しているという
実験結果もあるほど、肌の水分をキープするのに
役立っているのです。




年齢とともにターンオーバーはおそくなり、肌機能の衰えていくため、
セラミドの合成力も低下していきます。
なので年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなるんです。
それなでも、若い人でも乾燥肌が多いのはなぜか?




これはクレンジングなどの際にセラミドを取りすぎてしまう
ことが大きな原因。




対策としては、洗顔で落とせるパウダーファンデーションが
オススメです。




パウダーファンデーションについてはコチラ