スポンサーリンク


2018年5月にハワイでは市販されている

日焼け止めクリームの販売を禁止する法案が可決

されたこと、ご存知ですか?

 

 

法案は2021年から施行される予定

民主党のディビット・イヴ州知事の承認を

待つのみとなっています。

 

研究者の方たちの報告によると年間で

約1万4,000トンの日焼け止めが

サンゴに浸透して被害を受けていると

言います。

 

もちろん、日焼け止めだけが悪影響を

及ぼしているわけではないですが、小さな

ことから実行すれば、サンゴ礁が長く

暑い夏を乗り越えられる上に破壊された

サンゴの回復につながると言います。

悪影響を減らすことでサンゴや環境を

守っていこうという働きがけですね。

 

 

なので日焼け止めの中に

そのサンゴ礁の死滅の要因である成分が

入っている商品はハワイの店頭から

無くなるということです。

 

 


スポンサーリンク


 

使用禁止となった成分とは?

 

紫外線吸収剤(肌に塗った時白浮きしにくい、カサつかない)

商品のラベルの表記例

オキシベンソン(−1〜−6、−9)、オクチノキサート、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t−メトキシジベンゾイルメタン、

ジエチルアミノヒドロキシべンゾイル安息香酸ヘキシル

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
効能 紫外線のエネルギーを吸収して、熱などに変換する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紫外線のエネルギーを熱に変換する

 

紫外線のエネルギーを取り込んで熱に

変換したり、分子構造を変えるエネルギーに

消費する化学物質が主成分です。

もともと透明なので、塗っても白浮きし

にくい特徴があります。

 

 

オキシベンゾン類は末尾の数字で、吸収する

紫外線が変わります。

−1、−3、−4、−5はUV-Aを吸収、

−9はUVーBを吸収、−2と−6は

両方とも吸収します。

 

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは

UV-Bの吸収、t−ブチルメトキシジベン

ゾイルメタンとジエチルアミノヒドロ

キシベンゾイル安息香酸へキシルは

UV-Aの吸収に優れています。

 

ただし、

アレルギーの原因になることもあるので、

厚生労働省が作るポジティブリストによって

配合規制をしています。

 

 

ノンケミカルをアピールしている

日焼け止めはこの吸収剤を使っていない

ものです。

 

 

 

 

 


 

 

ハワイでほとんどの日焼け止めクリーム

使用禁止とはいえ、紫外線の多いハワイで

紫外線を浴びれば人体にも悪影響があります。

 

 

海での紫外線は特に強いので塗らない

わけには行きませんよね?

 

 

2021年1月から施行されますので

それ以降にハワイに行くことになって、

事前に購入する場合はノンケミカルの

日焼け止めクリームを選びましょう。

 


 

ノンケミカルの日焼け止めクリームについて

 

紫外線反乱剤(ナノレベルの微粒子で紫外線を反射)

商品のラベルの表記例

酸化チタン、酸化亜鉛

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
効能 紫外線を反射させて、肌に届かないようにする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紫外線反乱剤

紫外線反乱剤は基本的に白い粉です。

非常に小さくした粉を肌に塗ることで、

物理的に紫外線を反射させる仕組みです。

白浮きしやすいと言われていましたが、

今はナノレベルまで小さくした粉体が登場し、

白くなりにくい製品がほとんどです。

粉が小さいだけに、肌のキメに入り込む

こともあるので、クレンジングでしっかり

落とすことが大切。

専用のクレンジング剤を出しているメーカーも

あります。

酸化チタンと酸化亜鉛を両方配合することも

多いです。

 

 


 

 

実は私が今愛用している紫外線クリーム

ヴェレダ エーデルワイスUVプロテクトクリーム

はノンケミカルなのでハワイでも使用は

OKです。

レビュー>>コチラ

 

 

 

そして、この問題はハワイの問題だけでなく

日本でも沖縄で問題になっていますよね?

 

ハワイに限らず日本でも海水浴に行く際には

ノンケミカルの日焼け止めクリームをおススメ

します。