スポンサーリンク



角質のバリア機能は「セラミド」の量で決まる!

肌の一番上にある角層の中は、

実はセメントのような構造を

しています。

角質細胞がレンガ、セラミドなどの

細胞間脂質がセメントに例えられる

のですがセラミドなどの細胞間脂質が

角質細胞1つをつなぎ下の図のような

隙間のないバリア機能を作っているのです。

この細胞間脂質は、いろいろな脂質が混ざり

合ってできていますが、そのうちの60%

スフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などで構成され残りの

40%セラミドが占めています。

このセラミドが多いか少ないかで肌の

うるおい度が決まると言われています。

 

【正常なお肌】
正常なお肌の画像

セラミドはどこで作られてれているのか?

基底層で生まれた表皮細胞が

ターンオーバーして角質細胞に

変わる4週間かけて、セラミドは

細胞の外に放出され細胞の中で熟成し、

合成されていきます。

そして角質細胞に変わる瞬間にセラミド

肌の水分の約80%を維持しているという

実験結果もあるほど、肌の水分をキープするのに

役立っているのです。

年齢とともにターンオーバーはおそくなり、

肌機能の衰えていくため、セラミドの合成力も

低下していきます。

なので年齢を重ねるごとに乾燥しやすく

なるんです。

 

若い人でも乾燥肌が多いのはなぜか?

これは洗顔クレンジングなどの際に

セラミドを取り除いてしまうことが

大きな原因。

 

最近ではコスメブームで10代から

お化粧をしているため、正しい洗顔、

クレンジングをしていないためだと

思います。

そして若い頃はダメージが少ないため、

肌の知識を知らずに適当なケアで

済ませてしまう傾向があります。

 

 

セラミドにダメージを与えないためには?

 

正常なバリア機能のセラミドをキープする

にはシンプルケアが一番です。

 

私がおおすすめするのは

洗顔で落とせる

パウダーファンデーション

使用することをオススメします。

 

パウダーファンデーションがオススメなわけは毛穴を詰まらせることもないですし、私の愛用しているパウダーファンでションは落とす手間が省かれるので

肌トラブルを最小限に防げます。

使い続けていくうちに毛穴も徐々に小さくなってきて滑らかでツヤのある肌を手に入れることが出来ました。

 

□■あわせて読みたい記事(パウダーファンデーションについて)
https://sukincarebijin-40dai.com/way/sukinproblems/