私は豆乳を10年以上、飲み続けています。これは本当に飲み続けてよかったと思っています。

なぜかというと今現在、40代後半に差し掛かりましたが、未だに更年期らしき症状があまりなく過ごせているからです。

実際、私の周りの知人は40歳前後で頭痛やめまい、ほてりなどの更年期の症状が出てきていますので、

もしかして

豆乳のおかげ?

と思っています。

 

 

スポンサーリンク


大豆は「畑のお肉」主な働きは?

 

大豆の働き・・・
良質のタンパクいくつが多く含まれており、生活習慣病を予防する大豆サポニンなど含まれています。

 

ポリフェノール群のフィトケミカルを代表する一つがイソフラボンフィトケミカルとは植物由来の化学成分のことです。

 

大豆に多く含まれている無色から淡黄色の色素成分です。

 

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似ている作用あります。

 

エストロゲンとは?

抗酸化パワーも強力でフリーラジカル活性酸素を消去したり、更年期障害を軽くしてくれたり、悪玉コレステロールを減らしたり
血管や肌の弾力を保ったり骨粗鬆症の予防ができたり・・・と、とても頼もしい存在なのです!こういった働きをイソフラボンも体内で

 

同じように働いてくれると言われています。50歳前後の健康が不安になる時期には進んで豆乳やお豆腐、納豆を食べて女性らしさをキープしましょう!

 

豆乳鍋も女性の間ではインナービューティーの定番メニューになっていますよね。野菜からもたくさん栄養が摂れて健康美肌にも効果絶大!

 


また近年、男性にも更年期障害が起こることが知られてきています。

大豆イソフラボンは男性にも必要な存在です。畑の肉」と言われれているだけに、30%以上がたんぱく質

 

ミネラル類やビタミンEとB群、サポニンも豊富です。サポニンは渋みや苦みの成分で糖関連物質群のフィトケミカル。

 

脂質の代謝をよくするので肥満防止の効果があると言われています。年末年始の食べ過ぎ飲みすぎた後は、納豆や豆腐料理、豆乳鍋が良いですね^^

 

苦手でなければ、豆乳を1日1杯(200mg程度)、飲む習慣を取り入れると良いと思います。

 

注意

しかし、頼もしい反面とりすぎると逆にホルモンバランスを乱す恐れもあるそうです。
食品安全委員会より1日の摂取量の上限を70mg〜75mgでサプリメントなどの場合は30mg

 

各食品中のイソフラボンの含有量

食品名 イソフラボンの含有量(mg)
豆腐一丁(300g) 60mg
納豆1パック(50g) 37mg
味噌汁1杯(味噌12g) 6mg
豆乳(200ml) 50mg

摂取量の上限を超えない程度取り入れてみることをオススメします。

 

 

調製豆乳と無調整豆乳の違いは?

 

豆乳は大きく分けて「調整豆乳」と「無調整豆乳」があります。一般的には、料理は無調整豆乳、スイーツや飲み物には調製豆乳を使うことが多いです。

 

 

無調豆乳

大豆固形分:8%以上

(大豆タンパク質換算3.8%以上)

 

調整豆乳

大豆固形分:6%以上

(大豆タンパク質換算3.0以上)

 

大きな違いというと無調整豆乳は大豆だけを使用、無調整豆乳には砂糖などの調味料を使用しているということです。

カロリー

●無調整豆乳・・・46kcal

●調製豆乳・・・64kcal

 

栄養成分

栄養成分 ナトリウム カルシウム マグネシウム
無調整豆乳 2mg 15mg 25mg
調製豆乳 50mg 31mg 11mg


<img
いかがでしたか?私はカロリー控えな無調整豆乳を飲み続けています。しかし調整豆乳の方以外にもナトリウムが圧倒的に多いので飲みやすい方で飲み続ければいいと思います。