肌の表面ばかりではなく、体の中からの美肌づくりも

とても重要。

ワーキングマザーは朝食をしっかりとらない、

あるいはとれない人も多いはず。

 

そんな時は休日の朝食はしっかりと

とりたいものです。

スポンサーリンク


ネバネバ効果で肌荒れと冷えからの便秘解消

 

 

よく、TVや雑誌でも取り上げていると

思いますが、

ネバネバは善玉菌を増やして悪玉菌を

退治し、腸内環境を改善

してくれます。

ネバネバの正体は多糖類と呼ばれる成分。

多糖類は腸内の善玉菌を増やす他、免疫力の

働きを担う免疫細胞を活性化させる作用が

あるんです。

その免疫細胞の働きが活発になれば

腸内で善玉菌が悪さしようとしても

それを抑制し腸内環境を改善してくれて

冷え性肌荒れ改善してくれます。

そして生活習慣病の予防にも良い効果が

あるそうです。

 

 

善玉菌は体にとって有益でない

有害物質を放出してこれが血流を介して

全身に行きわたり、

がんや様々な生活習慣病

発症する原因になると言われています。

 

ですから、ネバネバの食材を使った料理を

私はできるだけ取り入れています。

みなさんも結構食べているのでは?

 

 

私がよく食べるのは次に紹介する

しらすとネバネバ3種丼」です。

食欲がなくなる暑い夏によく食べます。

 

スポンサーリンク


しらすとネバネバ3種丼レシピ


↑この上にとろろをかけます。

 

作り方は簡単ですが念のため^^

【材料】

量は梅干し1個以外適量ですが、

具をたくさん載せるのでご飯は

少なめです。

●ご飯(少なめ)●しらす

●納豆     ●めかぶ

●とろろ    ●温泉卵

●梅干し(1粒)●青しそ

●醤油かポン酢などお好みで

 

【作り方】

①白いご飯の上にしらす、めかぶ、納豆を

のせます。

②この上にとろろ、しそと梅干し、

温泉卵をのせて最後に醤油または

ポン酢などをかけます。

 

ある休日の朝食メニュー(しらすとネバネバ3種丼とその他)

 

そのほかのメニューはざっくり紹介します。

左端はエリンギ、ナス、パプリカを

オリーブオイルで炒めて塩、胡椒で

味付けをしています。

左側奥はフルーツヨーグルト。

食事の30分前に食べます。

主にバナナ、りんご、キウイ、ブルーベリー

 

朝食づくりはまずフルーツを切るところから

始めます。

上にのっているのはナッツと

ドライフルーツでハチミツも

かけます。

これは毎朝、食べているものです。

 

その他は、冷奴とトマト。

最後に飲むのが豆乳です。

もち麦きな粉、アマランサス、玄米入り

の粉末を適量入れています。

 

 

 

 

ネバネバ食材のそれぞれの働きは?

納豆

ナットウキナーゼという酵素が血液を固まり

にくくし、動脈硬化を予防します。

*上手なとり方は加熱すると消化酵素の働きが

弱まるので加熱しない方が良い。

 

 

ながいも

デンプンの消化を助けるアミラーゼが

豊富。ぬめりの元はミューシンと呼ばれる。

*加熱すると働きが弱まるのでそのままで食べると良い。

 


めかぶ

余分なアルギン酸やフコダインなどの食物繊維

が含まれ、余分なコレステロールを便と共に

排泄してくれます。

 

 


P.S.
いかがでしたでしょうか?

私はこれを食べる時、

つくづく「日本人でよかったな。」と

思います。

 

毎朝、これでも飽きません^^

今回紹介した以外にもネバネバは

オクラやモロヘイヤなどありますので

それに代替えしてもいいと思います。

 

他に紹介したメニューも

アンチエイジングメニュー

ですのでどれか1品は毎日食べる習慣に

してみるといいです。

 

それと合わせて運動をすることも忘れずに^^