紫外線はシミ・シワ・たるみを招く

UVとはウルトラ バイオレット レイの略で「紫外線」のこと。

 

 

なんとなく「紫外線は美肌の敵」とわかっていても若い頃は夏になるとこんがり日焼けしていた経験はないですか?

 

 

若い頃の私は紫外線の怖さをまだよく理解していなかったので夏になれば海やプールでこんがり焼いていました。「若いから大丈夫。」なんて思っていました。

 

 

 

しかし、紫外線を浴びるということは老化を早める!ということ。

 

 

 

紫外線を浴びた肌はメラニン色素を作り出しますが、それがうまく排泄されないと、シミの原因になります。

 

 

 

 

また、紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲン傷つけることも!

 

それがシワやシミ、毛穴のたるみの原因になるのです!!!

 

 

毛穴が開き気味の人は要注意!!

 

紫外線によって毛穴もパッカーンと開いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

紫外線のダメージが大きいと肌のターンオーバーが早くなります。

5年後、10年後の肌は大きく変わっていきますのでしっかり紫外線対策をしていきましょう。

 

※ターンオーバーとは?

皮膚の組織の一番上にある組織表皮にて生まれ変わる細胞の事をいいます。

 

 

つまり、肌の老化を確実に進行させるのが紫外線だと言うことです。

 

どんなに良い美容液を使用しても紫外線を浴びてしまったらケアをまめにしていても意味がありません!

 

紫外線というのは暑さや眩しさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのかわかりにくいです。

なので、うっかり油断しがちです。

 

 

 

紫外線ダメージは日々蓄積されるので、突然シミが現れることも!

 

 

スポンサーリンク


 

紫外線にはA波(UV-A)B波(UA-B)があり、どちらも肌老化の原因になるので両方を防ぐことが大事です。

 

 

日焼け止めの効果のある成分は2種類

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学物質のこと。
紫外線を吸収すると、肌の上で化学変化を

起こし、紫外線の影響をやわらげます。

 

◼︎代表的成分名

紫外線A波吸収剤

パルソールA、メギソリルSXなど

 

桂皮酸、オキシベンジンなど

 

◼︎代表的成分

酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、

カオリン、タルクなど

日焼け止め化粧選びの3つのポイント

ポイント1

SPA&PA

日焼け止め化粧品の表示には、

紫外線B波のカット効果を示す「SPF」、

紫外線A波のカット効果を示す

「PA」があるので、両方を

必ずチェック。

 

アウトドアで使うならSPF値PA値の高いものやウォータープルーフのものは肌への負担が大きくなるので注意が必要です。

 

 

 

 

紫外線A波をカットする力

PA
A波は、真皮にまで到達し、ダメージを

与えて老化を促進します。
SPFだけで日焼け止め化粧品を

選びがちですが、PAも大事な指標

「+」でカットの力を表示している。

+はやや効果がある

++は効果がある

+++は非常に効果がある

という意味。

 

 

 

 

紫外線B波をカットする力

SPF
B波は、エネルギーが強くサンバーン

(赤くなってヒリヒリする日焼け)を

起こします。

 

 

 

SPFは何も塗っていない状態に比べて、

赤くなってヒリヒリする状態になるまでの

時間を何倍にのばせるかの目安。

 

 

 

例えばSPF15の日焼け止めを

塗っておけば約15倍

(20分×15=5時間)にのばせる

という意味。

 

 

ただし、肌に塗る量が少ないと効果は激変し
ます。そして屋外で活動しているときはこまめに塗ることも大事です。

*SPF20とPA++を目安に選ぶと安心。

 

 

 

UVクリームを選ぶポイント①

紫外線吸収剤フリー

敏感肌のな場合は、日焼け止め化粧品に

入っている紫外線吸収剤が肌にとって

刺激になることがあります。

そこで紫外線吸収剤を含まないものを

選ぶのがポイント。

紫外線吸収剤不使用

紫外線吸収剤フリー

ノンケミカルなどと

表示されています。

 

UVクリームを選ぶポイント②

クリームまたは乳液タイプ

ローション、スプレー、ジェルタイプなどは

使用感のよさから、ベタつきや白浮きが

嫌な人に人気ですが、ほとんどのものが

吸収剤のみでできています。

普段使いであれば、ウォータープルーフの

必要はありません。

吸収剤を含まないのケミカルのものは、

クリームや乳液タイプの中に多いそう。





日焼け止め化粧品は塗る量に注意

日焼け止め化粧品の効果は、

塗る量が少ないと当然下がります。

例えばSPF値20のものを

塗っても、量が少なければSPF10

効果しか得られないこともあります。






日焼け止め化粧品はたくさん

つけすぎるとベタついてイヤ

という人もいますが、頬骨当たりは紫外線が当たりやすくシミができやすいので少し多めに塗るようにしてください。

 

 







日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデーションを重ねる

ファンデーションは、パウダーファンデーションタイプオススメ。

しっかりと紫外線カットするには、日焼け止め化粧品の上にパウダーダーションの粉は、紫外線散乱剤と同じようなUVカット効果があると言われて

います。






 

 

 

私が2年以上愛用しているパウダーファンデーションはつけたままでも寝られる安心で安全なオンリーミネラルファンデーション。

SPF50+PA+++」で美白効果も期待できる優れもの!

だから本当は下地も必要なくオンリーミネラルファンデーションだけつけても紫外線予防は十分です。

 


リキッドやクリームタイプには界面活性剤が多く入っているので荒れの原因になることも。紫外線吸収剤を含んでいない普通のパウダータイプを選んだ方が良いです。

 

 

 

 




油断大敵!季節に関係なくこんな場所も気をつけて!

 

こんなときにシミシワたるみ作っています!

 

●部屋の中でも・・・

紫外線A波は、ガラスを通過するので、

屋内や車内、電車の中でも油断は

できません。

 

●曇っていても・・・

紫外線は雲を通過して地上に届き、肌に

ダメージを与えます。

たとえ曇っていても、紫外線対策は

しっかりとしてくださいね。

 

●涼しい季節や山でも・・・

まだ涼しい春先から紫外線は

増えていきます。

また山の上や高原などの標高が

高いところでは紫外線は多くなります。

標高の高いところに行くときは

紫外線対策を忘れずに。

 

●部屋の中でも・・・

紫外線には、地表までまっすぐ届く「直射光」と空気中で
四方八方に広がって地表に届く「散乱光」があります。
日陰にいても散乱光を浴びています

 

●長袖で防備しても・・・

洋服の上からでも容赦なく通してしまう紫外線。
UV加工のカーディガンやストールなどを羽織る
と良いです。

 

紫外線は何時頃がピークか?夕方は大丈夫?

 

 

紫外線のピークは10:00~12:00です。特に春から秋にかけて晴れているときは、朝8:00くらいから夕方16:00くらいまで日差しが強いです。しかし、それ以降の時間帯も日没(17時以降も)までは油断できません。ピークの時間帯は特にまめにUVクリームを塗るのはもちろんですが、日没まで屋外で活動していたら塗り直しを怠らない方がいいでしょう。