毛穴の黒ずみ(イチゴ鼻)をキレイにする方法を説明しています。

毛穴にいつの間にかできてしまったポツポツ。取り除こうとしてもなかなか取れないですよね。今回はそんな詰まり毛穴についてお伝えします。

 

詰まり毛穴の原因は角栓!角栓は皮脂だと思っている人も多いかと思いますが実は皮脂以外に老化角質が混ざっています。

 

そして角栓には2種類、白角栓黒角栓があります。白角栓と黒角栓の違いは時間の経過メラニンで変化します。

 

 

角栓ってどうしてできるの?

 

角栓は皮膚表面の「角質」が蓄積して硬くなったのもです。

 

できたばかりの角栓は白くて柔らかいです。よく洗顔後、表面にちょっと飛びてているラード状のようなアレです。ザラつきを感じることもあります。

 

そして黒角栓はその白角栓を放置して水分が抜けて酸化してしまったのが黒角栓です。白角栓を放置すると1週間後に黒角栓になります。黒角栓はニキビに発展する可能性がある予備群です。

詰まり毛穴について

詰まり毛穴の詰まりやすさは何で決まるかというと皮脂線の数大きさです。毛穴に開口してい皮

脂腺が発達していると皮脂の分泌量が増えるため、どうしても詰まりやすくなります。詰まり穴を

取るタイミングとしては角栓になるまでに早めに除去するのがベストです。

 

先ほども言いましたが、1週間後には白角栓から黒角栓の状態になりますのでその前に除去するこ

とを心がけましょう。では、次に毛穴を取り除く方法をご紹介します。

 



 

詰まり毛穴の取り除く方法

肌を揉み解すことによって毛穴の黒ずみを排出しやすくします。

 

普通の洗顔では取り除くのは難しいので酵素洗顔(週に1〜2回)がおすすめです。洗顔のポイントとしては、手で洗うというよりは泡で洗うようにします。泡はモコモコとキメを細かく泡だてて泡を毛穴に入れ込み汚れを吸着するように洗います。

 

アイシャドウブラシで洗うと小鼻の脇は手より洗いやすいです。試してみてください。

 

【ブラシで小鼻を洗う場合】

詰まり毛穴部分の小鼻をブラシで洗顔。決して力は入れずに優しく小鼻の脇を上から下に5回くらいなでおろします。その後、しっかり洗い流します。

 

しかし問題はその後のケア!実は黒ずみを除去した後の毛穴は開いたままです。これを放置したままでいるといたちごっこになります。必ず引き締めるケアもしてください。

 

引き締めるには保湿です。保湿することによってバリア機能が整えられて毛穴は目立ちにくくなります。

 

 

酵素洗顔で注意すべきこと

酵素洗顔料は色々あります。洗浄力が強めのものもありますので注意が必要です。自分にあった酵素

洗顔料を見つけるようにしましょう。

 

また、乾燥肌の人は酵素洗顔を顔全体ではなく鼻だけに使うといいと思います。普通の洗顔料で顔

全体を洗ってその後に鼻だけ酵素洗顔で洗うことをオススメします。

 

 

 

 

✖️間違いケア

 

 

✖️ お風呂で汗をかいて汚れを

出している。

 

✖️ クレンジングオイルでマッサージをして

角栓を掻き出している。

 

✖️ 皮脂が多いのであまり保湿はしていない。

 

 

 

 

 

 

 

【必読!】ズボラな人でもできる簡単毛穴ケア

上記のような手入れがめんどくさくて続かない人はこれをやってみてください。つまり毛穴の場合

は肌を柔らかくして毛穴の皮脂や汚れを取りやすくしてあげることが大切です。洗顔の前にひと手

間かけるだけでいつもの洗い上りが違う事を実感できる毛穴ケアをお伝えします。必ず、洗顔前にや

ってください。

 

お風呂でやるとより一層効果的です。それから手は洗ってから行ってください。

①小鼻の脇は親指を鼻の中にいれ人

差し指と挟んでもみほぐします。

毛穴の黒ずみ(いちご鼻)の場合洗顔前に少し揉み解すと毛穴周辺の肌が柔らかくなり取れやすい。

 

②鼻をつまんでやさしくもみほぐします。
鼻の黒ずみ(いちご鼻)を取る方法は洗顔前に鼻を揉み解す
※必ずやさしくもみほぐしてくださいね。

 

ぜひ、試してみてください。鼻のお化粧のノリがいつもとちがうのがわかると思います。少しづつふっくらツヤ肌になります。

 

毛穴コスメ最新情報

 

先ほどは酵素洗顔がいいと説明しましたが、最近では各化粧品メーカーもかなりの進化していますね。

 

 

色々調べてみるとたくさん毛穴ケア商品が出ています。角栓を緩めるオイルクレンジング、ざらつきに即効性のあるスクラブ、角栓をがっちり捕まえるパック、肌を柔軟にほぐす温感ケアなどがあります。

 

 

どれも効果的なのでどれか1つ、週1〜2回を目安にケアをすると良いでしょう。