よく『肌のゴールデンタイムは10時〜2時
と言うことを
耳にしたことが1度はあると思います。






肌は睡眠中に再生します。
そして睡眠中に成長ホルモンが分泌され、
肌の代謝を助けます。






だいたい10時〜2時の間に成長ホルモンの
分泌は活発になるので、この時間に寝ていないと
肌の代謝は妨げられ、肌荒れや老化が進みます。






週末に寝だめをしている人もいると思いますが、日々の
睡眠をしっかりとることが美肌を手にいれる秘訣。






寝だめだと1週間分の肌の再生は行われないです。





肌の再生には最低でも6時間かかる







睡眠不足による肌荒れはスキンケアを念入りにしても
効果はあまりでません。






そこに時間をかけるのであれば、早寝を心がけた
ほうがいいです。






睡眠にはリズムがあり、約90分ごとに浅い眠りと
深い眠りを繰り返します。




初めの3時間は眠りが一番深く、その間に
ターンオーバーも活発になるんです。
肌細胞の修復のためには、最低でも6時間の睡眠が必要。






お肌のターンオーバーは4週間ですが、
睡眠不足だと肌代謝が悪くなりスムーズに
いかなくなります。

40過ぎるとターンオーバーも低下する
ので、年齢がどんどん重なると
睡眠不足による肌への影響は大きいです。






夜更かしはお肌のセラミドが失われ、乾燥して
あれやすく敏感
になってしまったり
または男性ホルモンを増し、
肌がオイリーに傾き、毛穴も開いてしまいます。






ちなみに、厚生労働省が推奨するのは
1日7時間眠る人のほうが1番、
健康的で長生きらしいです。





肌のハリと睡眠の関係

肌のハリは、表皮、皮下組織、そして筋肉によって保たれています。
皮膚の構造
良い眠りは真皮と皮下組織の再生を促し、
筋肉の適度な緊張を保たせます。
肌の再生(皮膚細胞の分裂)には血液中への
成長ホルモンの分泌が関係していて
眠りによってコントロールされていることがわかっています。







つまり良質な睡眠をとっていないと
成長なホルモンが分泌されず、
皮膚の再生が進みにくくなります。






成長ホルモンの分泌能力は
10代〜20代半ばにかけてと
70代80代にかけて大きく減少しますが、
35歳〜70歳までの間はほとんと変化が
ありません。
このあいだの肌のアンチエイジングは眠りの
良し悪しが大きな鍵を握っています。






そして肌の保湿の役割は、真皮に存在する
コラーゲンが担っていて、
コラーゲンの合成を促進するのも成長ホルモンです。
肌の色は真皮と皮下組織にある細い動脈と
毛細血管が決定づけます。






良質な眠りがとれないと交感神経の活動が
活発なままになってこれらの血管を
収縮させてしまうので、肌の色を青黒く
見せてしまいます。






高い化粧品でお肌の足りないものを化粧水や保湿液や美容液などで
補うより、睡眠を見直してみてください。






スキンケアよりも睡眠は美肌を作る大事な役割をしているということです。




手軽に始められる良質な睡眠の3つのコツ

1.寝る前の水分補給はノンカフェインのハーブティーを飲む
不眠に良いとされているカモミールがオススメ







2.寝る前のストレッッチをする。
少し運動をすると少し体温を上がり、
体温が下がりだした頃に眠くなります。






ストレッチをする時は呼吸はゆっくりと
するように意識しましょう。



3.アロマオイルを焚く
香りによって眠りを促します。
ラベンダーがオススメ。


手軽にティッシュやハンカチなどに1〜2滴ほど
たらして枕の脇あたりに置いておくのもOK。