にきびに悩まされた若いころ

私は若い頃、ニキビに散々悩まされました。得に皮脂の多いところに集中的にできていて顔は赤ニキビだらけ。

 

色白で何もできていないツルんとした肌にとても憧れていました。仲の良い友人はまさに素肌美人!どうやったらつるんとした色白になれるのか。。。

コンプレックスが常にありました。

 

ニキビは「青春のシンボルと言われていましたが、鏡を見るたびに落ち込んだものです。一層のこと顔の皮が1枚剥がれて欲しい!と。。。^^;

 

 

今思うと仕事のストレスが1番の原因だと思います。ストレスがニキビとなりニキビができたことによってさらにストレスが増すという悪循環

 

にきびを治すために一生懸命、化粧品にお金をかけていましたが、20代後半まで良くはなりませんでした。

 

スポンサーリンク


にきびはどうしてできるのか?

実際、ニキビができる原因は複雑でなかなか解決しにくいと思います。

 

ニキビは皮脂が多いからできてしまうと思いがちですが、乾燥肌という人もできます。

ニキビができるきっかけは毛穴の出口の角質が厚くなって、毛穴をふさいでしまいます。ふさがれた毛穴の中では皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖してにきびになります。

ですから、乾燥肌にもにきびはできるのです。若かった頃、「ニキビができるアクネ菌を殺菌する医薬品」が流行っていました。

 

 

確かに毛穴の中で繁殖してしまうとにきびを悪化させる一因にはなりますが、アクネ菌を全て殺菌してしてしまうわけにはいきません。

 

しかし使用してみたものの塗った部分がガサガサになるだけであまり良くなることはありませんでした。

 

なぜかというとアクネ菌は肌表面のバランスを正常に保つ働きをになっているからです。では何でニキビはできてしまうのでしょうか?

 

それは体内バランスの乱れや免疫低下などと言われています。

 

SD


 

◆体内バランスの乱れの要因

  • 不規則な生活
  • 偏食
  • 睡眠不足
  • 運動不足

原因が良くわからなければ皮膚科での受診をオススメします。

 

SD


大人ニキビの特徴

 

20代すぎてからできるいわゆる「大人にきび」ですが、最近ではとても増えています。10代にできるにきびとは違い、大人にきびはアゴ周辺にできやすく、しかも治りにくいのが特徴です。

 

原因となっているのは主にストレスや睡眠不足です。食生活も影響している場合もありますが、睡眠不足はニキビに大きく影響していると言われています。

ニキビができる原因を探って生活習慣を見直して予防に努めましょう。ニキビは突然できるのではありませんニキビは突然、表面に現れたように思いがちですが、そうではなく肌内である程度期間をかけてできています。

 

表面に出ていない時期からケアをすることがニキビケアの大事なポイントとなります。ニキビ予防で気をつけること睡眠不足になると肌の免疫が低下してホルモンバランスの乱れが原因でニキビができやすくなります。

まずはホルモンバランスを整える為にも規則正しい生活を心がける必要があります。

 

そしてにきび予防するには毎日6時間以上の睡眠を確保しましょう。アクネ菌は、油を栄養として繁殖します。その為、油分の多い化粧品をつけるとにきびが悪化することがあります。

 

 

大人にきびに良い化粧品の選び方

 

化粧水はビタミンCがオススメ。ニキビのできやすい人は、ビタミンC配合の化粧水を使うと効果的です。ビタミンCは皮脂を抑える効果があり、ニキビ予防に役立ちます。

 

肌への浸透を高めた誘導体型のものを選ぶのがポイントです。乾燥はニキビを悪化させますのでビタミンC誘導体の化粧水の上から、必ず保湿美容液を塗るとようにしましょう。

 

たくさんニキビ用化粧品が売られていますが、中には今だに肌を乾燥させる作用の強いものがあるので要注意です。ニキビ用化粧品を選ぶときは、

大人ニキビ用」、「敏感肌用」などの表示してあるものを選びましょう。

 

生理前にニキビ予防のためにピーリングをする生理前はホルモンバランスの変化が原因でニキビができやすい時期。黄体ホルモンが皮脂分泌を活発にさせるためです。

 

そこで予防として生理前にピーリングを取り入れてると、余分あ角質をはがす作用があるので毛穴が詰まりにくくなります。ピーリングコスメには拭き取りイプや洗い流しタイプなどがありますが、肌にやさしいのは、ミルクジェルの洗い流しタイプです。

 

ちなみにタオルも意外と雑菌がついていますので洗顔後に保湿用のティッシュで優しく抑えるように拭くといいですよ。サッカーの長友選手の奥さんでもある

平 愛理さんも昔からティッシュで洗顔後、拭いています。彼女も美肌ですのでまねしてみてはどうでしょうか。

 

ちょっと贅沢ですが、花粉症用の柔らかティッシュがオススメです。常に清潔な状態でふけるので安心です。

 

その後はしっかりビタミンC誘導体の化粧水と保湿美容液などで潤いをあたえてください。

 

ニキビ予防には油分の少ないパウダーファンデーション

 

今は、メイクをしたからといってニキビができるということは少なくなったと言いますが、やはり油分の含まれているリキッドファンデーションはニキビ肌ではなくてもパウダーファンデーションより負担が大きいのでオススメはできません。

おすすめはパウダリーファンデーションルースパウダー(粉おしろい)の方が安心です。

実際にきびもできにくいという口コミもあります。

私もかれこれ3年くらいパウダリーファンデーションですが、パウダーリーファンデーションは毛穴をふさがないので徐々にですがキメも整ってきますよ。

皮膚がふっくらしてきてにきびの陥没した部分が目立たなくなりました。

 


日本人の為に開発された薬用『オンリーミネラル』

 

ニキビ予防に良い栄養素

ニキビ予防に有効な栄養素は、ニキビは体内バランスの乱れから毛穴の入口が塞がれてしまうので、予防は皮脂の分泌作用を抑える食事がポイントです。ニキビ予防に有効な栄養素は、ビタミンBビタミンBビタミンEです。

 

血流を良くすることで、お肌のトラブルや色素沈着を防ぐのに役立ちます。また便秘もニキビの原因となりますので食物繊維を積極的にとりましょう。

 

私がオススメするニキビ予防のメニューは手軽に作れるナッツとドライフルーツ入りのヨーグルト。またはビタミンCが豊富なキウィフルーツやオレンジ、リンゴ、バナナを入れたヨーグルトもかなりおすすめです。

一昔はナッツ系は食べるとにきびが出来る原因とも言われていましたが、現在では否定されています

 

ナッツとドライフルーツ入りのヨーグルト♡

モデルや女優もナッツにハマったビタミンE効果で美肌・若返り!

 

 

 

◆◇なかなか大人にきびが治らない人に読んでもらいたい記事

【大人ニキビ】意外と知られていない!?ニキビの隠れた原因】

【ニキビがキレイに治る方法】隠れた原因を知れば肌もキレイになる!