美容液の役割は何?と聞かれると

アンチエイジングには欠かせない

化粧品というイメージですよね?

 

 

 

若い頃は洗顔後、つけるものと

言えば化粧水と保湿クリームでした。

 

 

 

私の場合、30過ぎた頃から

シワ、シミの予防のために美容液を使い

始めました。

 

 

美容液の役割とは?

 

 

美容液とは保湿成分をはじめ、さまざまな

有効成分や美白成分など、有効成分が豊富に含まれて

いること。

通常はクリームよりも油分が少ない

ジェルタイプのものを差しますが、

最近ではいろいろな美容液が出ています。

 

クリームのようなコクのあるもの

化粧水のように水っぽいもの、

そしてオイルなど

テクスチャーもいろいろです。

 

そもそも美容液というものは、

「こういうものが美容液」

という決まりがありません。

 

 


スポンサーリンク


どんな美容液を選ぶと良いのか?

 

解消したい肌の悩みに合わせて

選ぶのが基本!

 

油分の多いもの場合、

顔全体につけると毛穴をふさいだり、

ニキビができたりすることがあります。

保湿美容液、美白美容液などは顔全体に

使うものなので油分が少ないものを

選んだ方が良いです。

 

 

保湿目的で選ぶなら、保水力に優れたセラミド

がおすすめ。

セラミドは水溶性の物質ではないので化粧水には

配合しにくいもの。

ある程度油分を含んだ美容液などはとして

取り入れる方が効果的です。

 

*セラミド….角質細胞の間を埋めている細胞間脂質の
1つ。肌水分の約80%を維持している、肌のうるおいにとって重要な成分。

 


スポンサーリンク


毎日使う基本の1本は保湿美容液

 

基本的には肌の悩みに合わせて

選ぶものですが、乾燥もシミもシワも

気になるなど、いろいろな悩みを抱えて

いる人が年齢を重ねるほどに多くなって

くるかと思います。

 

そういうう場合は毎日使う基本の1本を

まず決めて選ぶことをオススメします。

 

どの年代も肌のお手入れに共通するものは

保湿”だと思いますのでセラミドを配合した

保水力の高い美容液は年齢に関係なくオススメ

できる1本です!

 

 

そして美白やアンチエイジングといった

保湿以外の効果を望む場合は、保湿美容液に

プラスして使用してみてください。

 

ただし、油分の少ない方

(サラッとしている方)

から先につけるようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク


美容液の特徴と有効成分
保湿美容液

肌内部の水分を抱えたり、挟み込んだりする
成分を配合しているため、うるおいを逃さなず

キープするという効果があります。

肌がしっとりと保たれ、キメの整ったなめらかな

肌になります。

 

◆有効成分名

●セラミド●ヒアルロン酸

●コラーゲン●レシチン

●スフィンゴ脂質・・・など

 

 

スポンサーリンク



美白美容液

シミやソバカスの元となる”メラニン”が

作られるのを防いだり、できてしまった

メラニンの排出を促したりする美白成分が

配合されています。

シミの予防として顔全体に一年中

使いましょう。

 

◆有効成分名

●ビタミンC誘導体 ●アルブチン

●エラグ酸 ●トラネキサム酸

●ルシノール ●カモミラET

●油溶性甘草エキス・・・など

 


 

アンチエイジング美容液

肌のハリや弾力を司るコラーゲンやエラスチン

を増やしたり、肌を活性酸素から守ったりする

有効成分が配合されています。

シワやたるみができてしまってからでは

なかなか難しいので、20代後半から

予防のために取り入れるといいです。

 

◆有効成分名

●レチノール ●ナイアシン

●ポロフェノール ●ビタミンC誘導体

●甘草エキス ●AHA・・・など

 

スポンサーリンク


美容液のやりがちなNG

スキンケアの要となる美容ですので正しく

使いこなしましょう!

 

☆肌を甘やかさないように美容液は

使っていない。

 

肌の悩みを解消できる有効成分を高濃度に

配合している美容液こそ、スキンケアの

主役です!

美容液を使うことは、肌を甘やかすことではなく、

より良い肌に育てることなのです。

 


☆何でも効く多機能美容液は効果が

薄くなる可能性がある。

 

保湿も美白もコレ1本でOKという

欲張りな美容液がありますが、多くの

成分を1つに配合したものは成分同士

がぶつかり合って、効果が弱くなることも。

保湿用と肌の悩みに対応する

美容液は別々にそろえてください。

 


☆効果な美容液なので

大事に少しづつ使っている。

 

高価な化粧品ほど、つい使用量を控えて

しまいがちですが、正しい適量をつけることで

初めて効果が出るようになっています。

効果だからといってケチっていては効果は

出ません。

 


☆シミの部分に

美白美容液を塗っている。

 

日焼けでできたシミは沈着してしまうと、

レーザーでないととれません。

美白美容液では消えないので、シミ部分だけ

に塗っても期待できません。

美白美容液は予防に使うものですので、

年間通じて顔全体に使いましょう。

 


☆美容液をより効かせるために

すり込んでいる。

 

美容液の多くは、美容成分を高濃度に含むため

すりこんだりパックしたりしますと、

かぶれなどのトラブルを起こすこともあります。

基本は肌にそっと載せるようにしましょう。

 


 

☆テカリがちな部分に油分の

多い美容液をたっぷり使っている。

 

美容液は先ほどもお伝えしたように

一部だけに塗るのではなく、全体的に

塗るのが基本ですが、オイリー肌の人は

油分の与えすぎには注意しましょう。

オイリー肌なのに油分の多い美容液を

Tゾーンにつけすぎると、皮脂が詰まって

ニキビなどの原因になることがあります。

 

スポンサーリンク


How  to 正しい美容液のつけ方

 

Step1:適量を手の平にとる

基本的には説明書通りの量で

OKですが、保湿美容液なら肌の状態

に合わせて量を調節すると良いでしょう。

手の平にとった美容液は両手の平に

広げておく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Step2:両手に平で全体になじませる

両手にひらで抑えるようにして頬から

なじませていく。

目の周りや口の周りなどの細かい部分にも

ていねいになじませて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Step3:保湿美容液はTゾーンには
少なめでOK
額や小鼻などのTゾーンは皮脂分泌の多い
部分なので、手の平に残っている
美容液をつける程度で十分。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Step4:仕上げに抑えてなじませる
目の周りやフェイスラインを、手のひらや
指の腹で押さえてなじませましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P.S.
美容液について正しく使用していたでしょうか?
意外と気にしないでペタペタ
つけたり、シミのところだけに
たくさんつけてしまったりあるいは高価な
美容液だと思ってケチケチ少なめに使用して
いた方もいるのではないでしょうか?
使用説明書をしっかり読んで正しい適量を
使用しましょう!