40代の悩みのランキングで上位のシミできてしまってから「ヒェーこんなところにシミが〜ぁ。どうしよう〜。」と落胆している人も多いはず。毎日のケアをすることでシミはある

程度防げますが、残念なことに紫外線でできてしまったシミは消えません。私も大きなシミはまだないですが、うっすらと小さいシミが少しあります。私達の若いころは今ほど紫

外線による肌の知識が若い頃は無頓着で気にしていませんでした。海もよく行ってさすがに日焼け防止対策としクリームはたっぷりと塗っていましたが、いつも真っ黒に日焼

けしてその後のケアも特にせずに放置していました。

 

 

その代償は大きいとこの年になってから思います。しかし体質もあるかと思います。私の場合、できにくい体質だったようで真っ黒に焼いてもまだ大きなしみはなし。

油断はできませんので美白ケアをしていきます。紫外線でできたシミは化粧品で消すことは現時点では難しいと思います。

 

おすすめはできませんが、どうしても消したいと思っている人には美容クリニックに一度相談に行くといいです。では美容医療がどんなものがあるかそして、治療をしたあとのリスクを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

美容医療にはどんなものがあるか

シミのレーザー治療

紫外線によるシミはレーザーでないと中々取れません。特にくっきりしたシミは皮膚構造的に変化ありレーザーなどで取り去る処置が必須とされています。

シミができる原因は単にメラニン色素の過剰だけでなく肌に構造的な変化も生じているケースがあります。美白コスメの場合、成分はメラニン色素の合成排出に働きかけう

だけなので消すことは難しいです。特に構造的な変化の場合は消すことはできません。

 

その判断基準は

シミに厚みがあるかどうか

シミが周囲に対してクッキリ出しているかどうか

 

この2つです。

 

目立つシミはコスメで改善しようとはせずに医師に相談した方がいいでしょう。

 

シミにはレーザー治療が行われます。主にルビーレーザー、もしくはヤグレーザーを用います。

シミの部分だけ光を当ててメラニンを含む皮膚に軽いやけどを起こします。当てた部分は10日間ほど黒いかさぶた状になり洗顔やメイクは当日でも可能です。

 

シミのレーザー治療に伴うリスク

せっかく治療したシミも状態によってとれない、もしくは濃くなってしまうこともあるんです!しかもかさぶたが取れたとしてもまた、日焼けをしてしまえばシミができてしまう可能性があります。

 

ホクロの治療

炭酸ガスレーザーを使います。治療後、10日間くらいは小さなテープを幹部に貼ってその上から洗顔やメイクをします。

ホクロのレーザー治療に伴うリスク

リスクとしては深いホクロをレーザーで除去すると陥没してしまいます!医師の判断になりますが2回に分けて行う方がよいとされています。

 

美容クリニックの失敗しない選び方

ポイント1

一軒だけでなく必ず2、3軒リサーチをしてから決めること!

 

美容クリニックには全て同じ相談をしてから。クリニックによってそれぞれ治療の説明やその後のケアの仕方も違うこともあります。安さで決めるよりできれば高いところの方が

安心できて信頼できます。

 

ポイント2

押し売りをするような美容クリニックはだめ!熱心に相談にしてくれるところが良いです。

 

 

ポンイント3

説明をしてくれら医師が施術を行ってくれるか。何か会った時にすぐに対応してくれるか確認が必要。良い医師の場合は必ず「何かあったらいつでもきてください。」と言うでしょう。

 


 

P.S.

いかがでしたか?化粧品では限界はあります。どうしてもシミを消したいと思っているのであれば美容クリニックはリスクはありますが、正しい治療であれば取れるのでまずは何件かリサーチをして実際行って相談することですね。