女性は40歳前後からホルモンバランスが崩れてきます。そして同時にお肌もシワたるみなどが目立ち始めます。

 

女性ホルモンの中で卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌用の低下(更年期)によるものです。肌の弾力が保つコラーゲンも減り始めます

 

しかし、

 

お肌の衰えは年齢のせいだけではないことに気づきました。

 

 

スポンサーリンク



肌断食にたどり着くまでの道のり

 

40代に突入する頃からかなり肌には大分、悩まされました。とにかく高価な化粧品に変えたりしても効果なし。

当時はたしか月に2~3万円くらいはお化粧品にかけていました。

 

しかし良くなるどころか、頬や鼻の毛穴は赤く広がりさらにまぶたの弾力がなくなり、目のたるみやシワがさらに悪化。一気に老け顔。その時は「一体、何が起きているの!?」と疑問に思っていました。

 

 

 

もちろん、年齢のせいだと思ってはいたもののこのままだと「おばちゃんまっしぐら!」「ブルドック顔になるのか・・・」と毎日、鏡を眺めてはため息ばかりでした。

 

絶対おかしいでしょ!

 

良い化粧品を使っているのにツヤ肌を手に入れることができないなんて

 

あ・り・え・な・い!!

 

でも、

このまま諦めたくない!

キレイな50代を目指そう!」と

気持ちを切り替え、いろいろ試してみた結果、たどり着いたのが肌断食!そう、今まで過保護にしていたせいで肌本来の力が低下していたのです。

 

 

年齢の、化粧品のせいだけではないのです!高価な美容液をペタペタとつければしっとりとキレイな肌が保てると思っていた自己満足のお手入れ。

 

全く浸透しなかったのは、肌が拒否している証拠。肌力が衰えると、表皮のバリア機能も低下しバリアの隙間から水分が逃げてしまい潤いもなくなり乾燥しやすくなります。

 

 

もし、「化粧品が肌に浸透していかない。」、と思ったら肌断食をしてみてください。

 

 

自分のお肌の状態を知って見極めることも大事です。こんな経験ありませんか?

 

体調を崩して洗顔しない
(お肌の手入れしない)
とお肌の状態が良くなった

 

 

この時の肌は手入れをしてなかったことによって本来の働きをしていたのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク



肌断食をして自分の肌を知る

 

私の場合、平日の朝以外は洗顔後何もつけません。

休日はお化粧もしないのでお肌のお手入れは洗顔のみです。はじめはつっぱります。

 

 

肌本来の力を蘇らせるには少々時間はかかりますが、それも徐々に改善されていきます。

 

まずは自分の肌を信用して辛抱です。

 

 

 

私は4年前の秋頃からスタートしましたが、できればあまり乾燥しない時期にやることをオススメします。改善されたことは肌の乾燥毛穴ほうれい線も目立たなくなりました

 

 

毛穴は本当にすごく開いていたんです!しかも毛穴は赤かったのですっぴんは赤ら顔でとてもじゃないけど誰にも見せられない肌でした。

すっぴんで家にいるときピンポーンと予期せぬ訪問者の目ではすかさずマスクをしてしまうくらいコンプレックスがありました^^;

 

 

それがだんだんと毛穴も引き締まり、

肌の色もワントーンアップしてツヤ肌になりました。すっぴんで過ごしても顔色やくすみが気にならなくなりました。

 

だから外に行くときはUVクリームUVクリームのみでも気にならないくらいになりました。

 

 

肌断食をしながら自分の肌と向き合うようになり、さらに気が付いたことは、目の周りがカサカサしたりたるみが目立つときは石鹸で洗顔をしないと言う事。ぬるま湯でさっと洗う程度です。

 

特に乾燥しやすい冬は石鹸で洗うことを極力減らしています。

 

 

バリア機能が低下しているときは何もしないことの方が肌の復活は早いです。

 

 

お肌がキレイな人は自分の肌の状態を知り、情報に惑わされず正しい判断でお手入れをしている人です。

 

 

良く肌断食をしても良くならないという人がいますが、肌質はそれぞれです。

 

肌断食は逆効果だったわなんて人もいるのも事実なので内面的な事も視野に入れて食事で改善したりストレス解消に努めたりして自分なりにあった改善方法を見つけると良いです。

 

一度自分のお手入れ法をシンプルにしてそこから自分のお肌質を知ってから正しい化粧品の使い方を学ぶ必要もあるわけです。

 

何種類ものエイジングケアを使用している人は化粧品難民になっている可能性がありますので肝に命じておいた方がいいのが

「美肌になることは化粧品の数とは比例しない」

ということ。

いかに自分にあった化粧品を見つける事が大事です。

 

 

あなたも過剰なお手入れで逆に肌を痛めていませんか?まずは本来の肌の仕組みを知って素肌力高めましょう。

 

 

スキンケアをしない肌本来の力かんじてください。