秋冬に特に起きやすい乾燥肌。原因は夏の紫外線のダメージ、さらに寒くなって空気が乾燥すると肌は「守り」に入ります。そうすると代謝が落ちてターンオーバーも鈍くなり肌の角質が厚くなりゴワつきや乾燥の原因になります。

 

この対処法はパックをして肌に水分と油分を送り込んであげることが大切です。

では、次にオススメのパックの種類を紹介します。

 

乾燥肌のためのおすすめパック

 

乾燥しているとメイクのノリが悪くなる傾向があります。パックの役割は乾燥した角層に潤いをチャージするためのもの。

深刻な乾燥肌に取り入れてほしいのが固まるタイプの顔パック。乾燥する冬であれば、週2回くらいを目安に取り入れるといいでしょう。

 

深刻な乾燥肌には固まるタイプの保湿パックがおススメ!

固まるタイプの保湿の良さは、肌表面からの水分の蒸発を完全に遮断できること。

 

パックで表面を覆うと、体の奥から上がってきた水分は肌表面から蒸発しないので角質層に行きわたります。その結果、しっとりした潤い感に満たされて肌になります。

 

パック後は洗い流すだけなので、朝のスキンケアにも手軽に取り入れらてみてください。日常的なお手入れに組み込んでいくことが大切。なぜかというと、定期的に使い続けることで肌に水分を補って、あとから使う美容液などでその水分をキープさせられれば改善が早くなるからです。メイクのノリも一段と良くなりますよ。

 

スポンサーリンク


乾燥肌にシートマスクは乾燥肌に良いか?

 

化粧水を含ませたシートやコットンのパックを愛用している人も多いと思いますが、シート表面から水分が蒸発し、肌の深くまで浸透しません。

なので、もしシート状を使用するのであれば、ラップなどで覆って、水分の蒸発を防ぐようにするとよいでしょう。

 

ただし、あらかじめ化粧水などを含ませてあるシート状パックは比較的、刺激が強く、かぶれなどのトラブルを起こすこともあります。深刻な乾燥肌には、固まるタイプの方が安心です。

 

 

パックの種類

パックの種類は主に塗るタイプ・化粧水によるパック・シートパックがあります。

塗るタイプのパック

肌にのばして時間をおいてから流すタイプ。塗って数分おき、洗い流すものが多い。乾燥した肌にうるおいをしっかり届けられる特徴が。

化粧水によるパック

化粧水を含ませたシートやコットンで、肌の表面をおおうタイプ。シートの表面から水分が蒸発してしまうのが弱点。

 

シートパック

あらかじめ美容成分を含ませたシート(多くはふわふわしたゲル状)を肌の上にしばらくしておくもの。成分自体が刺激になりやすく、肌が弱い人はかぶれるこも。

 

まとめ

3日間=72時間はちょうど肌の免疫反応で決着のつくタイミング。ですからパックは3日間続けると大体自分の肌との相性がわかります。自分の肌に合うか合わないか見極めるためにも3日間は連続使用してみるといいです。

値段が高いものより毎日手軽に使用できるドラッグストアで自分のお肌に合ったものを探すのがいいでしょう。例えばコーセーの米ぬかマスクは7枚入って400円とコスパ良きです^^手っ取り早く集中ケアをしたいときに使用しています。

美肌職人米ぬかマスク画像