乾燥しているとメイクののりが
悪くなる傾向があります。




乾燥した肌の角質は厚くなっていて、
例え、セラミド入りの美容液を
つけていてもなかなか浸透して
いきません。




パックの役割は乾燥した角層に潤いを
チャージするためのもの。




深刻な乾燥肌に取り入れてほしいのが固まる
タイプの顔パック。




乾燥する冬であれば、週2回くらいを目安に
取り入れるといいでしょう。





深刻な乾燥肌には固まるタイプの保湿パックがおススメ!

固まるタイプの保湿の良さは、
肌表面からの水分の蒸発を完全に遮断
できる
こと。







パックで表面を覆うと、体の奥から
上がってきた水分は肌表面から蒸発しない
ので角質層に行きわたります。







その結果、しっとりした潤い感に満たされて
肌になります。






パック後は洗い流すだけなので、朝の
スキンケアにも手軽に取り入れらて
みては?






日常的なお手入れに組み込んで
いくことが大切。






なぜかというと、定期的に使い続けることで
肌に水分を補って、あとから使う美容液などで
その水分をキープさせられれば改善が早く
なるからです。






メイクののりも一段と良くなりますよ。










化粧水を含ませたシートやコットンの
パックを愛用している人も多いと思いますが、
シート表面から水分が蒸発し、肌の深くまで
浸透しません。




なので、もしシート状を使用するのであれば、
ラップなどで覆って、水分の蒸発を防ぐ
ようにするとよいでしょう。




ただし、あらかじめ化粧水などを含ませてある
シート状パックは比較的、刺激が強く、かぶれ
などのトラブルを起こすこともあります。




深刻な乾燥肌には、固まるタイプの方が安心
です。




パックの種類



  • 塗るタイプのパック

    肌にのばして時間をおいてから流すタイプ。
    塗って数分おき、洗い流すものが多い。
    乾燥した肌にうるおいをしっかり届けられる
    特徴が。



  • 化粧水によるパック

    化粧水を含ませたシートやコットンで、
    肌の表面をおおうタイプ。
    シートの表面から水分が蒸発してしまう
    のが弱点。



  • シートパック

    あらかじめ美容成分を含ませたシート
    (多くはふわふわしたゲル状)を肌の上に
    しばらくしておくもの。
    成分自体が刺激になりやすく、肌が弱い人は
    かぶれるこも。