肌タイプによって必要な成分が違います。せっかくお手入れをしても結果的に無意味だったなんて思いたくないですよね?

 


スポンサーリンク




 

ただ、美白すればいいってもんじゃないんです!実はシミにも色々と種類があります。まずは、自分の肌のシミのタイプをしっかりと把握しましょう。せっかく高い化粧品を買って効果を感じられないのはもしかしたら、自分のシミにとって適している成分が入っていない可能性も。無駄にならないためにもしっかりと見極めてあなたにとって

正しい美白ケアをしてください。

 



シミのタイプは大きく分けて4つ

 

 

シミの種類がわかったら、肌タイプ別の有効成分を確認

シミのタイプによって美白成分のとの相性があり、よく効く場合と効かない場合があります。参考にしてみてください。

 

 

肌タイプ別のおすすめ有効成分

 

 

美白コスメの正しい使い方

 

一般的な美白成分は水溶性が多いので、化粧水で肌にたっぷりと潤いを与えてから使うと次の美白成分の浸透が高まります。美白が効く肌にするには肌の内外の潤いがマスト!クリームなどで潤いが逃げないようにをすることも大事!

 

また、美容液を塗る順番を間違っていませんか?

まずは美容成分には油溶性がありますのでまずそこを見極めます。油溶性の後に水溶性のコスメを塗っても油膜で肌に入って行きません。

エイジングケアも取り入れたいときは水溶性であることが多い美白美容液を先に使うようにしてください。

 

美白化粧水美白美容液エイジングケア美容液乳液・クリーム

美容液を重ねるときは水溶性の美白が先!

 

ちなみに美容液の効きが悪いと感じた場合は量をたっぷりと使ってみて。

美容液は1本1ヶ月半くらいで使い切るのが理想。ケチケチ使っても効果はありません。

 

 



最新の美白コスメは期待できる!

年々進化している美白コスメ。今年も従来のさらに、シミに対する新知見が続々と発表されました。血管がシミ司令を出していた、メラノサイトの移動が止まることが

シミの原因だということ。そして美白遺伝子の発見など遺伝子レベルなで肌内部のことが判明!

 

これからもさらに美白コスメの進化に期待できそう^^

 

 

 

 

まとめ

 

●自分のシミを見極めて有効な成分が配合されているものを選ぶ

●たっぷり美白化粧水をつけて潤いを与えてから使うと次に使用する美白成分の浸透が高まる

●美容液は1本1ヶ月半くらいで使い切るのが理想

●美白とアンチエイジングの美容液をつけるときは水溶性の美白美容液から

 

あわせて読みたい記事↓↓↓
できたシミは消えない?どうすれば消えるの?