ひと昔、シミなんて私はできないという変な自信があり毎年のようにこんがり焼いていた時期もありました。

焼いた後は真っ赤になるだけでしたがヒリヒリと痛すぎて毎回後悔していました^^;

さて、皆さんは美白ケアは念入りにやっていますか?

私は美白ケアを真剣にやり始めたのは40過ぎてからです。

 

幸いなことに若い頃の影響はあまりなかったのですがさすがに40過ぎるといるの間にやらうっすらポツポツとできているんですよね^^;

 

そこから真剣にケアをし始めました。

なってからもっと早く予防をしていれば綺麗なお肌でいられたかもしれないとい後悔が生まれるんですよね^^;

 

では、美白と言うけれどもどうケアをすれば良いのか?皆さん意外とテキトーじゃないですか?

美白ケアを謳っているものを買えばいいんでしょ?

て思っていませんか?

もしシミが出来てしまったものは美白ケアで消えるのか?

そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

 

若い頃日焼けをしてもシミにならないわけ

先ほども言いましたが、若い頃はこんがりと焼いてはいましたが全くシミはありませんでした。

コレはなぜかと言うと若い頃はターンオーバーで肌は戻るからです。

人間の肌は一定周期で新しく生まれ変わります。

若い頃だと個人差はありますがおおよそ28日周期ですが、年齢と共に周期が遅くなっています。

 

ターンオーバー

肌の細胞は皮膚の奥にある「基底層」で作られ、形を変えながら表面へと上がって剥がれ落ちます。す。この一連の流れをターンオーバーと言います。

 

美白ケアで白くなる!?

よくコスメのレビューで「肌が白くなった!」「シミが消えた!」ということを言う人もいますが、実際本当に白くなるのか・・・

実は私も美白ケアをしてワントーン明るくなったことはあります。

一時的にシミは薄くなった気にもなりますが、跡形もなく消えると言うこと絶対ないです。

 

ではどうして美白になったように感じるのかというと収斂性のある成分を塗ると、一時的に毛細血管が収縮し肌が白く見えるらしいです。

 

美白ケア成分はどんなのがあるの?

 

美白ケア成分は3分類に分かれています。

美白ケアをするにあたって大事なことですので知っておくと良いです。

 

①メラニンの生成を防ぐ成分

ルシノール、アルブチン etc…

②メラニンの酸化・変色を防ぎ還元する成分

ビタミンC誘導体etc…

③その他

mートラネキサム酸、プラセンタetc…

特殊メカニズムでシミにアプローチ

 

*****

 

◆美白ケア成分の詳細はこちら⬇️

シミの種類によっては消えるかも!?お金をかけないシミケア

 

★☆おすすめ美白ケア☆★

【40代】徹底比較!美白ケアにビーグレンとアンプルール どっちがいい?

 

 

美白ケアよりも大事なこと

私と同じようにシミが出来てしまってから慌てて美白ケアをする人が多いかと思いますが一番効果的なのはできる前に気をつけることが一番大事です。

 

UVクリームを塗り、日傘、アームカバーは必須です。

 

そして外的なケアと同様に大事なのはない的な部分でストレスをためないこと!

生活習慣を見直すことが美白、美肌の道です。