スポンサーリンク



 

カイリジュメイの画像

kairijumei(カイリジュメイ)花リップ(Red)SNSで話題になったカイリジュメイ。

 

 

kairi jyumei(カイリジュメイ)は中国のコスメブランドです。

 

 

 

少し中国のコスメには抵抗があったものの娘に「オシャレだから買って。」と言われて勧められるがままに購入してみました。これは2年くらい前に購入したものですがせっかくなのでkairi jyumei(カイリジュメイ)のことについて説明します。

 

 

 

以前は品薄状態で手に入りにくかったkairi jyumei(カイリジュメイ)のリップですが、今では結構手に入りやすいですね。

 

 

一言で言うと少し日本のリップよりも潤い感を感じられないような気がします。

 

初めは潤っているのですが、時間がたつと乾燥気味に私はなりました。

 

成分は何が入っているの確認してみると?

 

 

スポンサーリンク


 

成分は?

カンデリラ樹脂、ココアバター、ミツロウ、オリーブ油、クエン酸、植物エキス、ステアリルアルコール、ブドウ種子油、ラベンダー油など。

 

実は成分が表記してある化粧箱はすでに処分してしまって確認できなかったので、

Amazonで調べてみるとこのように表記してありました。

上記には潤い成分がたくさん入っています。

 

 

唇の温度によって色が変わる不思議なリップ

 

リップの中にはドライフラワーと金粉が入っていてとても綺麗です。

 

つけるとラベンダーの香り?がします。自分の体温や唇のPHにより、塗ったリップの色が変わる魔法のようなリップなんです。

 

 

温度が低いと薄い赤?ピンクっぽくて温度が高いと濃い赤に変わります。10分後になると結構発色するので薄く塗ったほうがいいです。

カイリジュメイの色味画像

 

カイリジュメイの本体ミラー付き画像

リップのカバーにはミラーがついています。

 

スポンサーリンク


唇につけた時の色の変化

 

カイリジュメイをつけた時の画像

①つけたて。ほんのりピンクっぽい色味です。


 

 

②5分後、少し赤が濃くなりました。

 


 

カイリジュメイをつけた時の画像

③10分後、わかりにくいですが、結構発色しています。

娘に「アカっ!」と2度見されました^^普段派手な色をつけないので違和感ありです。


 

初めは程よい色ですが、時間がたつと発色していて唇が浮いてしまうのでつける時は加減した方がいいと思います。

 

それから「落ちにくい」と謳っておりますので、口紅専用のリムーバーが必要です。

 

私は持っていなかったのでワセリンでやさしく拭き取りました。落とした後の唇は少しカサカサしていました。

 

 

スポンサーリンク


口コミは?

しかし、これだけ潤い成分が入っているのにつけ心地はさほどよくないので疑問に思い、さらにブログでレビューしている人のコメントを見てみると実際、化粧箱に表記してあるのは

全く違う成分が表記してあることが判明。

 

しかし口コミではさほど悪くは書いてありませんでした。口コミの感想は「カワイイ」と言った見た目重視のが多いですね。

 

実際の成分は?

<全成分>
オゾケライト、水添ポリイソブテン、ホリエチレン、スクワラン、トリメイト酸トリトリデシル、リンゴ酸ジイソステアリル、パルミチン酸イソブロピル、PEG-30フィトステロール、酸化チタン、赤201、黄5、メチルパラベン、香料

 

実際、化粧箱にはこのように表記してあるそうです。

なんとスクワランしか潤い成分が入っていないの!?

オリーブ油は?ココアバターは?一体何処へ??これは驚きです。

 

 

レビューしている人もびっくりしていました。

 

まさかこれほど、成分が違うことまでは誰も疑いません。

 

うっかり成分を確認していなかったのでかなり衝撃です。皆さんも疑わずにこのようなものを買ってしまっているんですね!

 

SNS効果恐るべしです。

 

お値段も私が購入した当時は2,400円位したと思います。

 

 

今はかなり安くなっています。

 

 


 

 

P.S.

私の場合ですが、

使用感は初めは潤っていますが時間がたつと表面がかわいてきした。

 

 

娘がずっと持っていたのですが娘も同じことをいっており、唇があれるので今は全く使用していなかったみたいです。

 

敏感・乾燥肌の人には絶対おススメできません。

 

今後は海外のコスメを購入するときは成分をしっかりと確認したいと思います。

 

皆さんも気をつけましょうね。