まず、「スーパーフード」って何?

と思われている人もいると思いますので

説明しますと、

現代では、

ヘルシー志向で食に対する意識が高まって

さらにハリウッドセレブたちもこぞってこぞって

注目しているものを「スーパーフード」と

表現してるような気がします。

 

しかし正確に言いますと、

始まりは1980年頃にさかのぼり、
アメリカやカナダで食事療法を研究する

医師や専門家が有効成分を突出して多く含む

食品に対して「スーパーフード」という言葉が
使われていたと言われています。

 

 

そんな中でも今私がハマっているのが「ビーツ」。

 

ビーツは女性にとって嬉しい成分が

入っていますので詳しく説明します。

 

 






美肌にいいと言われているビーツって?

 

 

ビーツは

「奇跡の野菜」「食べる輸血」とも

言われています。

女性に欠かせない栄養素が一度に取れる

今注目されている野菜です

 

一般のスーパーでは生野菜ではなく、酢漬けや

茹でたものなど加工して売られています。

 

形はカブやラディッシュのような形を

していますが、全く違うもので

アカザ科に分類されています。

ちなみにカブ、ラディッシュは

アブラナ科。

 

意外なですが、アガサ科はほうれん草と

同じです。

ビーツの利用部分の赤い部分と

ほうれん草の根元が赤いというところが

共通点ですね^^

 




ビーツに含まれる成分・栄養素

ナトリウム

マグネシウム

リン

カリウム

カルシウム

一酸化炭素窒素(NO)

オリゴ糖

ビオチン

 

効能

ミネラル豊富に含まれていてカリウムは

レタス、トマトの2倍以上の含有量です。

ビーツに含まれている一酸化窒素(NO)は

血管の筋肉を柔軟にして血流も良くなり、

内臓・美肌にも良いと近年では

言われています。

 

ビタミンB群のビオチン

皮膚や粘膜を守ってくれます。

美肌に関していうと

コラーゲンの生成の

サポート役

でもあります。

 

40代、50代には摂取して

おくべきです!

 

また、オリゴ糖が腸内環境を改善

便秘解消に効果があります。

 

 




ビーツの食べ方

 

先程もお伝えしましたが、ビーツは生で

売られているスーパーを見たことが

ありません。

 

私がビーツを求めて探した結果、

酢漬けの瓶詰めか茹でたものが真空パック

で売られていました。

 

 

今回紹介するのはコチラの酢漬けのビーツ。

これはKALDI(カルディ)で購入。

                    ↓↓↓

中身はスライスされたビーツがぎっしり

入っています。

開ける時、いつもドキドキなんですが、

見ての通り真っ赤!

以前、蓋を開けたときに飛び散りあたりが

真っ赤に染まりました^^;

中にはスライスされたビーツがぎっしりと

入っています。

 

手軽に食べらる方法としてはサラダです。

その他、生ですとジューサーでペースト状に

してスープやガスパチョなどがオススメです。

 

それでは、いつも食べているメニューを

紹介します。




 

ビーツとチキンのアンチエイジングサラダ

 

 

【材料】(3人分)

●ビーツ(100gくらい)

●茹でた鶏胸肉(150g)
・下ごしらえ
皮はむいて別の料理(スープなど)に
回します。
(お酒(小1くらい)・砂糖(小1)
・マジックソルト(小1杯半便の)で
半日漬け込んでおきます)

良く揉み込んでから耐熱容器に
入れラップを緩めにかけて
電子レンジで3分くらい加熱
*面倒であれば市販のサラダチキンを
利用してください。

●トマト(1個)

●レッドキャベツスプラウト(1/2パック)

●紫キャベツ(3枚分くらい)

レタス(2枚)

●アーモンド(適量)

●コーン(適量)

●あればコーン・フライドオニオン

(適量)

 

【作り方】

①酢漬けのビーツを千切りにします。

②電子レンジで加熱して冷めた鶏肉を

細かく食べやすい大きさに切ります。

③トマト1個はくし切りにしてから

くし切りからさらに横にして4つ切りで

ブロック型に。

(食べやすい大きさで大丈夫です。)

④レッドキャベツはパックから

1/2取り出して根元を切る。

⑤紫キャベツは千切り。

④レタスは食べやすい大きさに切る。

⑤アーモンドは砕いておく。

⑥切ったサラダを盛り付けて

最後にアーモンドをパラパラかけて

出来上がり。

ドレッシングはお好みでどうぞ。

★ドレッシングは私は好んで
市販のシーザードレッシングを
使用していますが、お好みで
大丈夫です。
鶏胸肉を加熱したときに
出た蒸し汁で
塩・コショウ・オリーブまたは
サラダ油でさっぱりと
したドレッシングが作れます。
私はクリーミーな
シーザードレッシングをかけて
食べるのがベストです。

 


P.S.

いかだでしたか?

 

ビーツの味は少しクセがあるので

サラダの場合はチキンとアーモンドで

いい感じに和らぎます。

さらにオニオンフライが入ると

なおよし。

 

ぜひ、女性に嬉しい栄養素が

たくさん入っているので

一度食べてみてください。

 

どんなものかわからないけど

スーパーフードだよね?という

曖昧な感じでよく使いますが、

ついスーパーフードと書いてある

だけであまり成分や効果などを

知らないことが多いです。

 

サプリメントは簡単に摂取できて

便利ですが、私は苦手なので

スーパーフードと言われているものを

色々調べて不足がちなあるいは必要な

栄養素を取り入れています。

 

皆さんもサプリメントに頼らずに

スーパーフードを積極的に

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

体もお肌も喜びますよ^^

あっ!ちなみに娘たちはビーツの酢漬けは

苦手です^^;