私が長年愛飲している豆乳

私は豆乳を10年以上、飲み続けています。

これは本当に飲み続けてよかったと

思っています。

なぜかというと今現在、40代後半に

差し掛かりましたが、未だに更年期

らしき症状があまりなく過ごせている

からです。

実際、私の周りの知人は40歳前後で

頭痛やめまい、ほてりなどの更年期の

症状が出てきていますので、おそらく私は

豆乳のおかげで軽いのでは?

と思っています。

スポンサーリンク



大豆は「畑のお肉」

大豆の働き・・・
良質のタンパクいくつが多く含まれて
おり、生活習慣病を予防する
大豆サポニンなど含まれています。

ポリフェノール群のフィトケミカルを代表する
一つがイソフラボン
フィトケミカルとは植物由来の化学成分のこと
です。
大豆に多く含まれている無色から淡黄色の
色素成分です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの
エストロゲンとよく似ている作用
あります。

 

エストロゲンとは・・・

抗酸化パワーも強力でフリーラジカル
活性酸素を消去したり、
更年期障害を軽くしてくれたり、
悪玉コレステロールを減らしたり
血管や肌の弾力を保ったり
骨粗鬆症の予防
ができたり・・・と、とても頼もしい存在
なのです!
こういった働きをイソフラボンも体内で

同じように働いてくれると言われ

ています。

50歳前後の健康が不安になる時期には

進んで豆乳やお豆腐、納豆を食べて

女性らしさをキープしましょう!

豆乳鍋も女性の間では

インナービューティー

の定番メニューになっていますよね。

野菜からもたくさん栄養が摂れて

健康美肌にも効果絶大!

 


また近年、男性にも更年期障害が起こること

が知られてきています。

大豆イソフラボンは男性にも必要な存在です。

畑の肉」と言われれているだけに、

30%以上がたんぱく質

ミネラル類やビタミンEとB群、サポニンも

豊富です。

 

オススメは成分無調整の豆乳

サポニンは渋みや苦みの成分で

糖関連物質群のフィトケミカル。

脂質の代謝をよくするので肥満防止の効果が

あると言われています。

年末年始の食べ過ぎ飲みすぎた後は、

納豆や豆腐料理、豆乳鍋が良いですね^^

苦手でなければ、無調整の豆乳

1日1杯(200mg程度)、飲む習慣を

取り入れると良いと思います。

調整豆乳が飲みやすいですが、砂糖などが

入っていて余計な成分まで取れてしまいます

ので、私は「無調整の豆乳」をオススメします。

注意

しかし、頼もしい反面とりすぎる
と逆にホルモンバランスを
乱す恐れもあるそうです。
食品安全委員会より1日の摂取量の上限を
70mg〜75mgでサプリメントなど
の場合は30mg

各食品中のイソフラボンの含有量
食品名 イソフラボンの含有量(mg)
豆腐一丁(300g) 60mg
納豆1パック(50g) 37mg
味噌汁1杯(味噌12g) 6mg
豆乳(200ml) 50mg

摂取量の上限を超えない程度
取り入れてみることをオススメします。