季節の変わり目の肌のトラブルはバリア機能の低下のため。

なんだか
肌がごわつく」、

乾燥す

「肌がチクチクする」

そんな時はファンデーションを
パウダリーファンデーション
変えてみることをオススメします。

 

スポンサーリンク



肌のトラブルは夏から秋にかけて多い

夏の強い紫外線、汗による刺激のため
かなり肌が痛んでいる状態。

そして季節の変わり目に起こる

肌のバリア機能の低下。

これを放置しておくと

くすみシミシワ

キメみだれ毛穴が目立つ

ようになります。

 

こんな時、つい化粧水や乳液、

美容液を変えたくなると思いますが、

私は健康的な肌を取り戻してからは

リキッドファンデーションと

パウダリーファンデーションの

肌の違いに気づくことができました。

 

 

肌に優しいのはリキッドファンデーションよりパウダリーファンデション

 

リキッドファンデーションは毛穴に

詰まりやすくキレイに落としにくい。

 

なのでクレンジングもつい強く

こすってしまい、肌をさらに痛めて

しまっています。

季節の変わり目になるとそれが

歴然とわかり、肌がごわつき

乾燥やくすみ、毛穴も目立つ

ようになりました。

 

リキッドファンデーションは必ず

合成界面活性剤が配合

されています。

合成界面活性剤は皮膚の深い

ところにまで届くので

毛穴を目立たなくしてくれます。

しかし!そのせいでクレンジング、

洗顔では落ちにくくなり

皮膚の水分の蒸発が促進され、さらに

強くこすりたくなる心理も働き、

悪化させていました^^;

 

界面活性剤は良くないの?

そもそも、界面活性剤は水と油という

混ざり合わないものをくっつける

働きの成分なので、肌に触れた時に

皮脂とくっつき、

皮膚の中に浸透させる働き

あります。

 

メイクなどの油性の汚れを落とすためには

必要な作用だったり、

クリームなどを乳化したものは

その働きが安定しているので、

一概に悪いとわ決められず

敏感肌の人は配合成分に気をつけて

自分のお肌の状態を

しっかりチェックしましょう。

 

パウダリーファンデーションをすすめる理由は?

 

肌断食もオススメですが、乾燥肌の季節は

抵抗があると思いますので、

クレンジングがいらない石鹸で簡単に

洗い流せるパウダリーファンデーション

がおすすめです。

 

 

そして、つけたりこすったりすることを

できるだけしないほうが

お肌のバリア機能の低下を防ぐ

ことができます。

私は、パウダリーファンデーションに

変えてから乾燥はすぐに改善され

2週間後にはおでこのブツブツやくすみ

毛穴の開きが小さくなっていました。

 

ファンデーションで毛穴は隠せば隠すほど

広がっていきます。

肌に優しいパウダリーファンデーションは

毛穴を詰まらせません。

 

確実に毛穴が小さくなりますので、

隠す努力をするのではなく、

毛穴につまらせない努力を

していきましょう。